[COP25に見る脱炭素社会への警告]

COP25に見る脱炭素社会への警告 ≪前編≫

― 深刻な地球温暖化:気候変動から気候危機へ ―
2020/02/06
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

2020年1月から、気候変動問題に関する国際的な枠組み「パリ協定」(2015年に合意)は実施段階に入ったが、それを目前にして、2019年12月2日〜15日の14日間、スペイン・マドリードで国連気候変動会議「COP25」が開催された(表1)。
COP25には、世界196カ国・地域から、各国の代表や国際機関、企業、自治体などの非国家アクター、次世代の若者など、総計2万2,354名が参加し(表2)、前回のCOP24で積み残された、パリ協定実施ルールの詳細事項の決定や、国別の温室効果ガス削減目標(NDC:Nationally Determined Contribution)の引き上げなどについて議論された。
特集≪前編≫では、COP25全体の概要とともにCOP25でのスピーチを中心に、深刻な地球温暖化の現状を見ていく。

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...