[トピックス]

世界最大「8MW×11基」の浮体式洋上風力を建設開始へ!

2020/11/07
(土)

北欧最大のエネルギー企業であるノルウェーの「エクイノール」(Equinor ASA)は、2020年10月1日、世界最大規模88MWの浮体式洋上風力発電所「Hywind Tampen(ハイウィンド・タンペン)」の建設を開始した。

 北欧最大のエネルギー企業であるノルウェーの「エクイノール」(Equinor ASA)は、2020年10月1日、世界最大規模88MWの浮体式洋上風力発電所「Hywind Tampen(ハイウィンド・タンペン)」の建設を開始した注1

 Hywind Tampenは、ノルウェー沿岸から約140km離れた場所に設置される洋上風力発電所(ウィンドファーム)で、その地点の水深は260〜300mである。

 浮体式洋上風力発電所の風力タービン(写真)には、シーメンスのSGRE(Siemens Gamesa Renewable Energy)注2の「SG 8.0-167DDタービン」が11基(1基:8MW)使用され、総出力88MWの定格出力となっている。

写真 Siemens Gamesaの風力タービン「SG8.0-167DD」

写真 Siemens Gamesaの風力タービン「SG8.0-167DD」

出所 https://www.siemensgamesa.com/products-and-services/offshore/wind-turbine-sg-8-0-167-dd

 11基の洋上風力タービンは、長さ2.5km、電圧66kVの、動的アレイ間ケーブルシステムによってループ状に接続される。発電された電力は、沖合で操業しているノルウェーの代表的なガルファクス(Gullfaks)油田とスノーレ(Snorre)油田などの石油ガス生産設備へ直接供給するという、世界初の試みが行われる。

 Hywind Tampenが稼働すると、両油田からのCO2排出量は、年間20万トンの削減効果があると試算されており、これは自家用車10万台の年間CO2排出量に相当する(Hywind Tampenは2022年の第3四半期に運転開始予定)。

表 浮体式洋上風力発電所「Hywind Tampen」プロフィール

表 浮体式洋上風力発電所「Hywind Tampen」プロフィール

出所 https://www.equinor.com/en/news/20201001-contruction-start-hywind-tampen.html などをもとに編集部で作成


注1 https://www.equinor.com/en/news/20201001-contruction-start-hywind-tampen.html
注2 2020年9月28日、シーメンスは、ガス・電力・風力発電(SGRE)をSiemens Energyとして分社化し、上場した。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...