[ニュース]

東京電力パワーグリッド、ホームIoTサービスの基盤を提供する新会社を設立

2018/02/15
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東京電力パワーグリッドは、住宅向けIoTサービスの基盤を提供する新会社を設立したと発表した。

東京電力パワーグリッドは2018年2月15日、住宅向けIoTサービスの基盤を提供する新会社を設立したと発表した。新会社の名称は「株式会社エナジーゲートウェイ」。東京電力パワーグリッドが100%出資して設立した。営業開始は2018年4月1日の予定。

エナジーゲートウェイは、住宅内の電力使用状況などの情報を収集、蓄積、分析、加工するIoT基盤を構築し、サービス事業者を通して一般消費者にサービスを提供する。具体的には、サービス事業者がエナジーゲートウェイの基盤から得られるデータを活用して、独自のサービスを企画開発して一般消費者に販売する。エナジーゲートウェイは契約者宅に設置したセンサーからデータを収集蓄積し、分析や加工をしてサービス事業者に提供する。サービス事業者はエナジーゲートウェイから得たデータを利用して、契約者に独自サービスを提供する。

図 新会社、エナジーゲートウェイの事業

図 新会社、エナジーゲートウェイの事業

出所 東京電力パワーグリッド

4月1日の営業開始時点では、電力センサーの検出値の収集とその加工結果の提供と、スマートスピーカーとメール、SNSなどを活用した家族間コミュニケーションの機能を提供する予定。電力センサーはこれまで東京電力パワーグリッドで利用してきたインフォメティスのセンサーを利用する。

図 エナジーゲートウェイが提供するサービスのイメージ

図 エナジーゲートウェイが提供するサービスのイメージ

出所 東京電力パワーグリッド

このセンサーは住宅の分電盤にある主幹ケーブルに取り付けて使用する。一般に、主幹ケーブルから電力消費量を計測したら、世帯全体の電力使用量しか把握できないが、インフォメティスのセンサーは、住宅にある家電製品が動作するときの電流波形を学習し、主幹ケーブルの電流波形から、個々の家電の電流波形を分離し、それぞれの電力使用量を把握可能にする。

その後は、住宅の家電製品の診断や、遠隔制御、スマートロックを利用したサービスなどの提供を予定している。さらに一般世帯だけでなく、医療や介護、警備などさまざまな業種で便利に活用できるサービスの開発にも取り組む意向を示している。


■リンク
東京電力パワーグリッド

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...