[ニュース]

東京電力パワーグリッドなど、2016年夏季の電力需給見通しを発表

2016/05/13
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2016年5月13日、東京電力パワーグリッド株式会社(以下:東京電力パワーグリッド、東京都千代田区、代表取締役社長:武部 俊郎)および東京電力エナジーパートナー株式会社(以下:東京電力エナジーパートナー、東京都港区、代表取締役社長:小早川 智明)は、2016年年度夏期(7月~9月)の電力需給見通しを取りまとめを発表した。

電力需要については、顧客の協力による節電の効果等を踏まえ、今夏において需要が高まると予想している7、8月において、平年並みの気温の場合では4,570万kW、2015年度並みの猛暑の場合では4,810万kWになると見通している。
これに対して供給力は、猛暑の場合でも7月で5,119万kW、8月で5,201万kWを確保を見込む。

2015年度並みの猛暑の場合においても、予備率が最も厳しい7月の予備力は309万kW、予備率は6.4%となり、安定供給を確保できるものと考えている。

■今夏の電力需要内訳


■リンク
東京電力パワーグリッド
東京電力エナジーパートナー

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...