[ニュース]

東京電力パワーグリッドなど、2016年夏季の電力需給見通しを発表

2016/05/13
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2016年5月13日、東京電力パワーグリッド株式会社(以下:東京電力パワーグリッド、東京都千代田区、代表取締役社長:武部 俊郎)および東京電力エナジーパートナー株式会社(以下:東京電力エナジーパートナー、東京都港区、代表取締役社長:小早川 智明)は、2016年年度夏期(7月~9月)の電力需給見通しを取りまとめを発表した。

電力需要については、顧客の協力による節電の効果等を踏まえ、今夏において需要が高まると予想している7、8月において、平年並みの気温の場合では4,570万kW、2015年度並みの猛暑の場合では4,810万kWになると見通している。
これに対して供給力は、猛暑の場合でも7月で5,119万kW、8月で5,201万kWを確保を見込む。

2015年度並みの猛暑の場合においても、予備率が最も厳しい7月の予備力は309万kW、予備率は6.4%となり、安定供給を確保できるものと考えている。

■今夏の電力需要内訳


■リンク
東京電力パワーグリッド
東京電力エナジーパートナー

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...