[ニュース]

東京電力、「やまなしパワー」の運営に関する基本協定の締結を発表

2015/10/27
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2015年10月27日、山梨県(知事:後藤斎)と東京電力株式会社(以下:東京電力、東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己)は、2016年4月から実施される電力システム改革(電力システム改革の第2段:小売・発電の全面自由化)に向けて、新たな電力供給スキームについて協議を重ね、同日、電力供給ブランド「やまなしパワー」を創設し、共同で運営することについて基本協定を締結したことを発表した。

同協定の具体内容は、東京電力が、山梨県企業局の水力発電所で発電された電力を活用し、一定の要件を満たした山梨県内の企業などに対し、山梨県と東京電力の電力供給ブランド「やまなしパワー」として、通常の電気料金から減額した価格(電力量料金を3~6%の範囲で減額を検討)で電力を供給(原則として3年間)するスキームとなる。

同協定の締結により、山梨県は、県内企業などの活性化や、新たな企業の進出などによる定住人口の増加を期待するとともに、企業局の増収を図り、子育て支援等の事業を通じて広く県民に利益が及ぶように取り組んでいく。
東京電力は、山梨県企業局の水力発電所を貴重なベースロード電源として活用するとともに、省エネ技術の提案などエネルギーの面から山梨県の経済的発展を援助することで、グループ全体の企業価値の向上を目指す。


■リンク
東京電力
山梨県

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...