[ニュース]

Apple、全世界の拠点で消費する電力を100%再生可能エネルギー由来のもので調達

2018/04/10
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Appleは、世界43カ国の拠点すべてで消費する電力が100%再生可能エネルギー由来のものになったと発表した。

Appleは2018年4月9日(アメリカ西海岸時間)、世界43カ国の拠点すべてで消費する電力が100%再生可能エネルギー由来のものになったと発表した。世界中で運営しているオフィス、直営店、データセンター、共用施設で消費する電力すべてが100%再生可能エネルギーで発電したものになった。その象徴となるのが、カリフォルニア州クパティーノに開設したばかりの新本社「Apple Park」だ。出力合計17MW(1万7000kW)の太陽光発電設備を屋根に設置し、出力4MW(4000kW)のバイオガス燃料電池などの複数の再生可能エネルギー源で電力を賄っている。

図 新本社「Apple Park」の屋根には、出力合計17MWの太陽光発電設備が備わっている

図 新本社「Apple Park」の屋根には、出力合計17MWの太陽光発電設備が備わっている

出所 Apple

Appleは世界25カ所で再生可能エネルギーを活用した発電所を運営しており、合計出力はおよそ626MW(62万6000kW)に達する。さらに15カ所で発電所を建設中で、稼働が始まれば出力合計値は1.4GW(140万kW)に達するという。

2017年8月には、アイオワ州ウォーキー市に新しいデータセンターを建設する計画を発表した。このデータセンターは2020年の稼働開始初日から100%再生可能エネルギー由来の電力で運営できる態勢を整えている(参考記事)。デンマークでも新しいデータセンターを2カ所で建設中だが、どちらも稼働開始初日から100%再生可能エネルギー由来の電力で運営できるという。

またAppleは、同社に部品や材料を納める業者にも、Apple製品の製造には100%再生可能エネルギー由来の電力を使うように呼びかけている。日本でも、Appleに半導体パッケージを納めているイビデンがApple向け部品を製造するラインをすべて100%再生可能エネルギー由来の電力で運営している(参考記事)。そして今回の発表に合わせて、新たに9社がApple向け製品を100%再エネ電力で製造を始めたと発表した。

図 イビデンが運営している水上メガソーラー

図 イビデンが運営している水上メガソーラー

出所 Apple

Appleと同社に材料を供給する業者が再生可能エネルギーを活用することで、2017年には世界合計でCO2排出量を150万トン以上削減したという。これは、地球上から30万台以上のガソリン車を排除するのと同じ効果になる。さらにAppleは85社以上の業者が再生可能エネルギー由来の電力を利用できるよう支援するとしている。


■リンク
Apple

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...