[ニュース]

中部電力、出力49MWの木質バイオマス発電設備の建設を開始―2020年に運転開始の予定

2018/05/02
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

中部電力は、四日市火力発電所の敷地内に木質バイオマス発電設備の建設を始めたと発表した。

中部電力は2018年5月1日、四日市火力発電所の敷地内に木質バイオマス発電設備の建設を始めたと発表した。四日市火力発電所の所在地は三重県四日市市三郎町。中部電力としては、バイオマス燃料のみで運営する発電設備はこれが初めてだという。

図 四日市火力発電所の所在地

図 四日市火力発電所の所在地

出所 中部電力

新設の発電設備は出力49MW(4万9000kW)。中部電力は年間発電量をおよそ380GWh(3億8000万kWh)と見積もっている。日本の一般的な世帯の年間消費電力量にして、およそ12万世帯分に当たる。この数字から計算すると、設備利用率は約88.5%となる。2020年4月に運転開始の予定だ。

燃料は木質ペレットとパームヤシ殻。年間消費量は木質ペレットが約15万トンで、パームヤシ殻が約7万トン。中部電力によると、この発電設備によって年間およそ16万トンのCO2排出量削減効果が期待できるという。

中部電力は、この発電設備を再生可能エネルギー開発の一環として建設するとしている。


■リンク
中部電力

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...