[ニュース]

Porsche、初の市販EVの正式名称を「Taycan」に決定―予定通り2019年に生産開始

2018/06/11
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Porscheは、同社が始めて市販する電気自動車(EV)の名称を「Taycan」に決定したと発表した。

Porscheは2018年6月8日(中央ヨーロッパ時間)、同社が始めて市販する電気自動車(EV)の名称を「Taycan」に決定したと発表した。同社は2015年のフランクフルトモーターショウでPorsche史上初の市販EVのコンセプトモデル「Mission E」を公開し、2019年にこのコンセプトモデルを基にしたEVを発売するとし、開発に取り組んでいた。

図 Porsche史上初の市販EVのコンセプトモデル「Mission E」

図 Porsche史上初の市販EVのコンセプトモデル「Mission E」

出所 Porsche

TaycanについてPorscheのCEOを務めるOliver Blume氏は「私たちが新しく作り上げる電動スポーツカーはたくましく、信頼でき、長い距離を走れる『自由』という言葉を象徴するにふさわしい自動車だ」と自信を見せた。

Taycanは前後の車軸に1つずつモーターを搭載する4輪駆動となっており、合計で600馬力(PS)の力を発揮する。停車状態から100km/hまでは3.5秒以下で加速し、200km/hまでは12秒以下で到達するという。そして、1回の充電で走行できる距離はヨーロッパ標準であるNEDC(New European Driving Cycle)500kmを超える。

Porscheは当初、2022年までに電動車と関連技術の開発に30億ユーロ(3900億円:1ユーロ=130円で換算、以下同様)を投資するとしていたが、すぐにその額を60億ユーロ(7800億円)以上に上方修正している。そのうちの5億ユーロ(650億円)をTaycanの派生車種の開発に投じ、10億ユーロ(1300億円)を既存車種を基にしたEVあるいはプラグインハイブリッド車の開発に使うとしている。そして数億ユーロを使って自動車製造工場を拡張し、7億ユーロ(910億円)で、充電ステーション網の整備やさらなる新技術の開発に取り組むとしている。


■リンク
Porsche

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...