[ニュース]

Porsche、工場への輸送に電気トレーラーを使用開始―19kmのコースを運行

2019/01/16
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Volkswagen Groupは、傘下にあるPorscheが物資輸送に電気トレーラーの使用を始めたと発表した。

Volkswagen Groupは2019年1月14日(中央ヨーロッパ時間)、傘下にあるPorscheが物資輸送に電気トレーラーの使用を始めたと発表した。このトレーラーは同じくVolkswagen Group傘下の商用車メーカーであるMANが開発した「MAN eTGM 18.360 4x2 LL」。MANは2018年12月14日に、この車両をPorscheに納車している。

図 Porscheは物資輸送にMANの電気トレーラーを使い始めた

図 Porscheは物資輸送にMANの電気トレーラーを使い始めた

出所 MAN

Porscheはこの電気トレーラーを、フライベルク・アム・ネッカー(Freiberg am Neckar)にある物流拠点から、ツフェンハウゼン(Zuffenhausen)の工場を結ぶおよそ19kmのコースを走りながら、物資を輸送する。

今回、Porscheが運用を始めた電気トレーラーは、蓄電容量149kWhのリチウムイオン蓄電池を内蔵しており、およそ130kmの連続走行が可能だ。150kWの大電力で急速充電すると、45分で100km程度の走行に必要な電力を充電できるという。

Porscheに電気トレーラーを納車したMANは、2019年から小型の電気トラックを発売する予定であり、さまざまな顧客が試験走行を実施するとしている。この小型トラックの開発には、Porscheが日々の運用で蓄積するノウハウも生かすとしている。


■リンク
Volkswagen Group

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...