[ニュース]

オリックス、再エネ発電所の運営・管理・保守を代行する会社を設立

2018/09/05
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

オリックスは、再生可能エネルギー発電所の運営・管理・保守を代行する「オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント株式会社」が営業を開始したと発表した。

p> オリックスは2018年9月5日、再生可能エネルギー発電所の運営・管理・保守を代行する「オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント株式会社」が営業を開始したと発表した。会社の設立日は2018年6月1日。オリックスが100%出資して設立した。オリックス自身が太陽光発電所や風力発電所、地熱発電所などの再生可能エネルギーを利用した発電所を保有し、運営している。その経験とノウハウを活かして、運営・管理・保守を事業化した。

 

図 2018年7月に新潟県新潟市で運転を開始したメガソーラー「新潟県四ツ郷屋発電所」。オリックスはこの発電所のほかにも数多くの再エネ発電所を運営している

図 2018年7月に新潟県新潟市で運転を開始したメガソーラー「新潟県四ツ郷屋発電所」。オリックスはこの発電所のほかにも数多くの再エネ発電所を運営している

出所 オリックス

オリックスは日本全国でメガソーラーを運営しており、その規模は最大発電出力合計にしておよそ1GW(100万kW)に達する。ほかにも風力発電所、バイオマス発電所も運営している。さらに、2017年3月には八丈島のベースロード電源である「八丈島地熱発電所」の建て替え事業を担当すると発表するなど、地熱発電にも積極的に取り組んでいる(参考記事)。オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメントは、オリックスの多様な再生可能エネルギー発電事業の経験を活かして、発電所の運営・管理・保守を代行するとしている。

さらに、発電所の運営・管理・保守について豊富な経験を持つ人材を確保し、より高度なサービスを提供するという。発電所停止のリスクを防ぎ、正常に運転を継続できるように保守点検を実施し、障害発生時は迅速に復旧対応に当たり、発電機会の損失を最小限に抑える。さらに、遠隔監視で発電状況を視覚化し、データ分析などの技術を応用して、発電量の最大化を図るという。


■リンク
オリックス

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...