[ニュース]

パナソニック、2021年4月をめどに純水素燃料電池を製品化へ

2018/11/02
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

パナソニックは、2021年4月をめどに純水素燃料電池を製品化すると発表した。

パナソニックは2018年11月1日、2021年4月をめどに純水素燃料電池を製品化すると発表した。同社は以前から純水素燃料電池の研究開発に取り組んでおり、山梨県の「ゆめソーラー館やまなし」や、静岡県の「静岡型水素タウン」プロジェクトに開発中の燃料電池を提供し、実証実験を続けている。

図 静岡県の「静岡型水素タウン」プロジェクト向けにパナソニックが提供した純水素燃料電池

図 静岡県の「静岡型水素タウン」プロジェクト向けにパナソニックが提供した純水素燃料電池

出所 パナソニック

製品化を予定している純水素燃料電池は、水素ステーションや商業施設などで利用することを想定したもので、発電出力は5kW、発電効率は57%(低位発熱量基準)。発電した電力のみを利用する製品だけでなく、発電時に発生する熱で水を加熱して熱湯を作るコージェネレーション式の製品も発売するという。ちなみにパナソニックは、東京都が進めている晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業「HARUMI FLAG」に、純水素燃料電池を納入することを計画しているという。

パナソニックは今後、水素をより効率よく利用する技術、再生可能エネルギーや天然ガスを利用して水素を精製する技術、安全かつ高密度で水素を貯蔵する技術の研究開発に本格的に取り組むとしている。具体的には、天然ガスから水素を取り出す技術を活用した小型で高効率な水素製造装置や、大規模な水素ステーションを建設することなく、工場や小規模な物流施設などに水素を安定供給できるシステムなどの実用化を目指す。


■リンク
パナソニック

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...