[ニュース]

中部電力、静岡県の大井川水系にダムの維持流量を利用した水力発電所を建設へ

2018/12/11
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

中部電力は、大井川水力発電所の維持流量放流設備を利用した「いちしろ水力発電所」を建設すると発表した。

中部電力は2018年12月11日、大井川水力発電所の維持流量放流設備を利用した「いちしろ水力発電所」を建設すると発表した。維持流量放流設備のうち、未利用となっていた約10.6mの落差を利用して水を落とし、水車を回して発電する。

図 「いちしろ水力発電所」の完成イメージ

図 「いちしろ水力発電所」の完成イメージ

出所 中部電力

いちしろ水力発電所は大井川水系の大井川沿いに立地しており、所在地は静岡県榛原郡川根本町(はいばらぐんかわねほんちょう)。2020年度に着工し、2021年度に運転開始の予定だ。

図 「いちしろ水力発電所」の位置

図 「いちしろ水力発電所」の位置

出所 中部電力

発電所の最大出力は160kW。中部電力は年間発電量を約1.35GWh(135万kWh)と見積もっている。一般家庭の年間消費電力量にすると約430世帯分に当たる電力量だ。設備利用率を計算するとおよそ96%に達する。そして中部電力は、いちしろ水力発電所が稼働することで、年間およそ640トンほどのCO2削減効果が期待できるとしている。

中部電力は営業地域内に流量が多い河川が多いことから、ダムの維持流量を利用した発電所や、河川の流れを止めない流れ込み式の発電所など、小規模の水力発電所の建設に積極的に取り組んでいる(参考記事)。


■リンク
中部電力

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...