[ニュース]

Waymo、ミシガン州に自動運転車の量産工場を設立へ

2019/01/29
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Waymoは、ミシガン州に同社の自動運転車を組み立てる工場を設立すると発表した。

Waymoは2019年1月23日(アメリカ太平洋標準時間)、ミシガン州に同社の自動運転車を組み立てる工場を設立すると発表した。Waymoはこれまで、ミシガン州デトロイト近郊に「Self-driving Technology Development Center」という研究開発施設を開設しているほか、2017年10月には冬のミシガン州で雪上走行の試験を実施すると発表している(参考記事)。

図 ミシガン州に入るWaymoの自動運転車

図 ミシガン州に入るWaymoの自動運転車

出所 Waymo

Waymoは自動車産業はミシガン州の代名詞であり、これまで無数の雇用を生み出してきた点を評価している。ミシガン州にはFord MotorやGeneral Motorsが本社や工場を置き、相当数の労働者がそこで働いている。

Waymoは自動運転車に必要なハードウェアとソフトウェアを自社で開発している。とりわけ重要な工程が、Waymoが開発したソフトウェアやハードウェアを、自動車メーカーから購入した車両に組み込むものだという。そしてWaymoはこの工程をミシガン州に新設予定の工場で実施したいという。実現すれば、この工場は世界初のレベル4の自動運転車だけを量産する工場になる。

まずは、ミシガン州南東部に工場を設立し、その後数年で数百人が働く規模に拡大していくという。工場の候補地を「ミシガン州南東部」としたのは、デトロイト市あるいはその近辺を候補として考えているということだろう。自動車産業で働いており、自動車の製造について知識と経験がある労働者を集めたいという狙いが見える。Waymoは、新設の工場で働くエンジニア、運用管理者、車両管理者を、この土地で探したいとしている。


■リンク
Waymo

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...