[ニュース]

北海道電力、LNGガスタービンコンバインドサイクル発電所の1号機が営業運転を開始

2019/02/27
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

北海道電力は、小樽市に建設中の「石狩湾新港発電所」1号機が営業運転を開始したと発表した。

北海道電力は2019年2月27日、小樽市に建設中の「石狩湾新港発電所」1号機が営業運転を開始したと発表した。2018年10月に試運転を開始し(参考記事)、11月には発電出力が100%に到達していた。3月下旬までは性能確認などのために、一時的に停止する予定だという。

図 1号機が営業運転を開始した「石狩湾新港発電所」

図 1号機が営業運転を開始した「石狩湾新港発電所」

出所 北海道電力

石狩湾新港発電所は、北海道電力としては初めてのLNG(Liquefied Natural Gas:液化天然ガス)を燃料とするガスタービンコンバインドサイクル発電所。従来は、同社最大規模の火力発電所である「苫東厚真発電所」など、石炭や石油を燃料とする火力発電所しかなかった。北海道電力は今回の営業運転開始が燃料の多様化、電源分散化につながり、道内の電力を安定供給に役立つとしている。

今回営業運転を開始した1号機は2015年8月に着工したもので、最大出力は569.4MW(56万9400kW)。北海道電力は同一規模の発電設備をあと2基建設する予定。2号機は2023年3月に着工し、2026年12月に営業運転開始の予定。3号機は2027年3月に着工し、2030年12月に営業運転を始める予定だ。1号機から3号機まですべてが稼働すると、合計最大出力は1.7082GW(170万8200kW)に達し、苫東厚真発電所(合計出力:1.65GW=165万kW)を超えて、北海道電力としては最大規模の火力発電所になる。


■リンク
北海道電力

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...