[特別レポート]

― 米国最大級の電力業界関連のイベント「DistribuTECH 2016」速報 ― 22社によるOpenFMB(EnergyIoT)のデモが開催!

2016/02/12
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部 コントリビューティングエディター 新井宏征

■DistribuTECHとは?

 DistribuTECHは米国で開催される電力業界関連の最大級のイベントとして知られている。PennWell Corporation(ペンウェル・コーポレーション)というメディア企業が主催するこのイベントは、今年(2016年)で26回目の開催となる。DistribuTECH2016は、フロリダ州オーランドにあるOrange County Convention Center(オレンジ・カウンティ・コンベンションセンター)で、2016年2月9日(火)~11日(木)の3日間開催された。

 ここでは、DistribuTECH2016の速報として、Duke Energy(デューク・エナジー)によるOpenFMBのデモンストレーションと、既刊報告書『スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015』でも取り上げた、Bidgely(ビッジリー)の最新サービスを紹介する。

写真1:DistribuTECH2016が開催されたOrange County Convention Center外観

 DistribuTECHは、2016年の出展社は548社(同イベントWebサイトの出展社リストの数字で公式の発表ではない)。出展社のジャンルは、送電、配電自動化やメーター関連といった電力業界寄りのものから、IT&ソフトウェアや通信システムといったIT寄りのものまで36もの分野に分かれている。ただし、実際に各社の展示を見ると、多くのブースで「ビッグデータ」や「IoT」という言葉が並んでおり、IT業界のトレンドが電力業界にも影響を及ぼしていることを感じることができる。

 DistribuTECH2016のイベントテーマは、“Focus On The Future”(未来に向けて)で、主に米国における電力業界の今後の課題が意識した展示やカンファレンスが開催されていた。

ページ

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...