[クローズアップ]

センサスの「FlexNet」戦略を聞く!

─すでに世界中で1200万台のスマートメーターを導入─
2013/05/01
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2013年2月27日から3月1日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された「スマートエネルギーWeek 2013」(リードエグジビションジャパン主催)において、すでに1200万台のスマートメーターを導入実績をもつセンサス(Sensus。本社:米国ノースカロライナ州)もブースを出展。会場において、アジア太平洋地域(APAC)の営業担当バイスプレジデント マイケルM. マーフィー(Michael M. Murphy)氏と、ビジネスデベロップメント/マーケティング担当ディレクターアンディ・スレイター(Andy Slater)氏に同社の歴史や技術、そして日本における戦略をうかがった。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...