[クローズアップ]

中部電力の戦略とブロックチェーンを使ったEV充電システムの実証実験

2018/07/01
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

電力システム改革による2020年の発送電分離に向けて、一般電気事業者(旧電力会社10社)は、既存の電力ビジネスから新たなビジネスモデルを模索している。再生可能エネルギー(以下、再エネ)の導入に向けた取り組みや分散型電源による仮想発電所(VPP)の実証、デジタル化の波とともにIoTやAIを取り込んだビッグデータの活用などさまざまである。
なかでも中部電力は、電力自由化開始前後から積極的にビジネスの新規開拓に向けて、ユニークな取り組みをしている。ここでは、中部電力の経営ビジョンと、2018年3月に実証を開始したブロックチェーンを使ったEV充電システムについてレポートする。

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...