[特別レポート]

けいはんなデータセンターにおける 新世代のエネルギー制御システム

― エネルギー管理制御(DEMS)でデータセンター全体の消費電力を最適化 ―
2014/02/01
(土)

2013 年10 月1日、ATR内に、けいはんなデータセンターが構築された。同データセンターは、環境省の「平成25年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」として、2013年7月15日~ 2016年3月31日までの約3年間で6.9億円(計画額)をかけて実施されるもの。同センター独自のICT 機器からの発熱を3つのアイル(通路)で段階的に上げて排熱利用していく配置を施すなど、ユニークなシステム構成となっている。さらにDEMS(エネルギー管理制御)とVM(仮想化技術)との連携を図った新しい技術開発も進めている。同センターの知見が新時代のデータセンターシステム運用のあり方のヒントとなると期待できる。なお本記事は、大阪大学サイバーメディアセンター 松岡茂登教授への取材をもとにまとめたものである。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...