[クローズアップ]

Appleのスマートハウスビジネスへの新戦略

─ その布石となる新機能「HomeKit」(ホームキット)を発表 ─
2014/07/01
(火)
SmartGridニューズレター編集部

HomeKitの基本機能

HomeKitとは、スマートハウス関連機器をiPhoneやiPadなどのiOS端末でコントロールできるようにするためのソフトウェアフレームワークである。

これによって、iOS端末をスマートハウス用のコントローラとして使用することができるようになる。したがって、ユーザーとしては、HomeKitに対応している家電や照明、ドアなどを普段使用しているiPhoneやiPadから操作することができるようになる。さらに操作をする際には、iOS搭載の音声認識機能であるSiri(シリ)から行うことになる。詳しい機能については後ほど解説するが、例えば、電気を消したい場合、iPhoneからSiriを立ち上げ、声を使って指示をするだけで、指定した場所の電気を消すことができる。

HomeKitの詳細

〔1〕HomeKit関連のプロトコル:HAP

基調講演の後、開催された開発者向けセッション“Designing Accessories for iOS and OS X, Session701”(セッション701「iOSおよびOS X向けアクセサリー設計」)において、図2のようなHomeKit関連のプロトコルHomeKit Accessory Protocol(HAP)のレイヤ図が公開されていた。

これを見るとわかるように、HomeKitはBluetooth LE注2とIPの通信方式に対応している。そのため、HomeKitはBluetooth LEのほか、IP対応のWi-Fi、ZigBeeなどさまざまな通信方式に対応したものとなる。

HomeKitでは、HomeKit用の共通データベースをもち、このデータベースにHome-Kitで設定した項目や生成されたデータが格納されることになる。これによって、場所や使用する機器に関係なく、対象となる家の管理を行うことができる。

〔2〕家(Homes)を単位として管理

HomeKitでは家(Homes)を単位として、表1のような項目を管理することができる。

これらの項目を参照して、管理する家を登録し、さまざまなコントロールを行うことができる。例えば、2階にある複数の部屋(Rooms)を「2階」という区域(Zones)にまとめた後、Siriを使って「2階の電気を消す」と命令すれば、登録した複数の部屋の電気をすべて消すことができる。

また、ActionSetという管理単位では、複数のアクションを1つの命令にまとめることができる。例えば“Good night”という命令に、電気の消灯やサーモスタット経由での空調オフ、ドアの施錠などの機能をまとめると、Siriで“Good night”とつぶやけば、それらの動作がすべて一度に行われる(ただし、現時点で動作の順序は設定できない)。


▼ 注2
Bluetooth LE:Bluetooth Low Energy、Bluetoothのスマートハウス向け省電力規格。BLEとも言われる。

◆図2 出所
WWDCのオンライン配信画面から著者キャプチャ

◆表1 出所
The Home Kit Framework、https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/documentation/HomeKit/Reference/HomeKit_Framework/index.html

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...