[特集]

― 復興から発展へ ― 福島県相馬市の新総合計画と新ビジネスの可能性

2018/08/01
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東日本大震災(2011年3月11日)によって、甚大な被害を被った相馬市は、2026年度までの10 年間を見据えた新総合計画「相馬市マスタープラン2017」を策定した。また、復興計画バージョン3.1とともに、東日本大震災を「忘れてはならない」貴重な最新版のドキュメント『相馬市の記録「第8回中間報告」』も発行された。
ここでは、福島県相馬市 企画政策部長 宇佐見 清(うさみ きよし)氏への取材をもとに、復興から発展に向かう相馬市のダイナミックな取り組みを紹介する。

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...