[特集]

横浜スマートビジネス協議会(YSBA)の新しい展開

実証から実装へ!エネルギー循環都市を目指す
2017/11/09
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

横浜市が「横浜スマートシティプロジェクト」(YSCP)の実証事業の成果をもとに推進している「実装事業」の取り組みが、全国から大きな注目を集めている。
横浜市は、市内の平均気温が100年間あたりで約2.7℃も急上昇するなど、異常な事態を迎えている。これに対応するための取り組みの1つとして、「横浜スマートシティプロジェクト」(YSCP)が推進されてきた。同プロジェクトの実証事業の成果をもとに、新たに「横浜スマートビジネス協議会」(YSBA)を発足させ、実装事業を展開している。
ここでは、YSCPの成果の総括とともに「エネルギー循環都市」を目指す横浜市エネルギーアクションプランを見ながら、2016年2月に完成した横浜市・南区総合庁舎の移転再整備や蓄電池によるVPP実証事業、エネルギーの面的展開(地域冷暖房システム)を推進する、新市庁舎における熱供給センター(2020年1月に竣工)などを見ていく。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...