[急展開するエネルギー分野のブロックチェーン]

急展開するエネルギー分野のブロックチェーン

— 第4回(最終回) エネルギー+ブロックチェーンのビジネスチャンスはどこにあるのか —
2018/10/01
(月)
大串 康彦 株式会社エポカ 代表取締役

これまで3回に渡って、エネルギー分野でのブロックチェーンの既存応用事例やその仕組みを中心に解説を行ってきた。その間にも新しい取り組みがいくつも発表されており、ブロックチェーン技術に対する期待はますます高まっているように見える。P2P(Peer-to-Peer)取引のような未来的な概念はあちこちで語られているし、実証実験も花盛りだが、ブロックチェーン技術が従来のビジネスを革新した事例は、まだ限られていると言えるのではないか。
ブロックチェーン技術は本当に革新的技術なのか、それとも誇大宣伝されている流行語なのか、そしてビジネスチャンスがどこにあるのかは、多くの人には未だにわかりにくい状況ではないか。最終回の今回は、ブロックチェーン技術について押さえておくべき特徴を復習し、エネルギー分野への応用事例と商用運用に向けての取り組み状況、そして今後ブロックチェーンのメリットをどう活用しようとしているかを中心にまとめて解説する。それをもとに、ビジネスチャンスがどこにあるのか、そのヒントとなる事例も紹介する。

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...