[急展開するエネルギー分野のブロックチェーン]

急展開するエネルギー分野のブロックチェーン

— 第3回 ブロックチェーン技術は再エネの大量導入に役立つのか? —
2018/08/01
(水)
大串 康彦 株式会社エポカ 代表取締役

「ブロックチェーン(注1)技術は果たして再エネの大量導入に役立つのか?」というのは、おそらく多くの人の関心事であると推測するが、難しい問いである。なぜなら、ブロックチェーン技術は情報技術であり、発電所立地の制約、送電容量不足、余剰電力の発生(下げ代不足/注2)など、物理的な側面を多く含む再エネの大量普及に向けた課題は、直接的に、かつ単独では解決しないように見えるからである。
一方、本誌2018年4月号第1回の記事で列記した、世界中のエネルギー分野でブロックチェーンを使ったプロジェクトを見ると、再エネと関連しているものが多い。同6月号第2回で解説した電力取引プラットフォームは、主に太陽光発電の余剰電力を取引するものであるし、それ以外にも再エネ由来の電力の仮想通貨(SolarCoinなど)、再エネ電源トラッキング(みんな電力)、蓄電池を使った再エネ出力抑制緩和(Sonnen/TenneT)など、多くの事例が再エネと関連している。したがって、ブロックチェーンが再エネの普及にまったく役に立たないと言い切るのも難しい。
今回は、上記の問いについて探求するとともに、再エネ資金調達/投資プラットフォームの事例を紹介する。

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...