[北海道全域295万戸がブラックアウト! 火力発電所停止までの18分間を解明]

北海道全域295万戸がブラックアウト! 火力発電所停止までの18分間を解明(その2)

— M6.7地震から45時間で電力供給を復旧させた教訓 —
2018/12/01
(土)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

前回、本誌2018年10月号において、「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」(マグニチュード6.7)による、北海道内の全域295万戸がブラックアウト(大規模停電)するまでの「18分間の状況」を中心に解明した。
その後、「平成30年北海道胆振東部地震に伴う大規模停電に関する検証委員会」(以降略称:OCCTO検証委員会/注1)では原因の詳細や当面の対策方針が検証され、、2018年10月25日、その中間報告が発表された。さらに、北海道電力の「北海道胆振東部地震対応検証委員会」でも、送電設備の被害状況や復旧状況がまとめられ発表された。
ここでは、北海道電力検証委員会が発表した被害状況や復旧状況を見ながら、OCCTO検証委員会で解明されたブラックアウトに至った複合要因や、北本連系設備(北本連系線)の果たした役割について見ていく。さらにブラックアウト後の約45時間で、一般家庭への電力供給量(約300万kWに相当)を確保するまでの状況や、ブラックアウトの再発防止に向けた今後の対策などについてレポートする。

関連記事
新刊情報
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...