[イベント]

【‘Blockchain 2 Energy Asia’レポート】活発化する電力分野におけるブロックチェーン技術の活用

— 中核技術としてのブロックチェーン実用化の現状と課題 —
2019/02/01
(金)
久田 雅之 株式会社会津ラボ 取締役

アジア地域では、エネルギー分野におけるブロックチェーンを活用したP2P電力取引への関心が急速に高まっている。2018年11月27日にシンガポールで開催された‘Blockchain 2 Energy Asia’(注1)(会場:サンテック・シンガポール国際会議展示場)は、関連分野の有力なステークホルダーが多数参加した。主催は、ソーラープラザ(Solarplaza)というオランダの企業で、これまでに太陽光発電、再生可能エネルギー(以下、再エネ)施設の保守・点検や資産管理、太陽光発電設備の開発や投資など太陽光発電を中心にしたトレードフェア、カンファレンスを多く開催している。
ブロックチェーンとエネルギーをテーマにしたカンファレンスは、第1回が2018年2月にアムステルダムで、第2回となる今回はシンガポールで開催された。ここでは、‘Blockchain 2 Energy Asia’についてレポートする。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...