[特集]

発送電の法的分離直前!電力市場は何が変わったのか

― 電力レジリエンス小委員会が発足し新・電力網への課題も ―
2019/05/01
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

日本の電力システム改革は、当面、最終となる第3段階の送配電の法的分離(2020年)を目前に、大詰めを迎えている。電力システム改革については、すでに、第1段階の電力広域的運営推進機関(OCCTO)が発足し、第2段階の電気・ガスの小売全面自由化がスタートしている。その後、2018年7月3日に、第5次エネルギー基本計画が閣議決定され、2030年の長期エネルギー需給の見通しと、2050年を見据えて、脱炭素化社会の実現に向けた再生可能エネルギー(再エネ)の主力電源化などが盛り込まれた。
電力の小売全面自由化から3年が経過して何が変わったのか。2019年11月から始まるFIT(再エネの固定価格買取制度)終了以降の新ビジネスの展開や、4年目に突入したVPP構築実証事業の展開など、新時代に求められる新・電力網の構築に向けた課題は何か。政府の各委員会の動向も整理してレポートする。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...