[【8周年記念】特集]

リチウムイオン電池が拓く未来社会

SmartGridフォーラム2020レポート【ノーベル化学賞受賞者 吉野 彰 氏 基調講演】
2020/12/10
(木)
篠田 哲 株式会社クリエイターズギルド

進展している地球温暖化を食い止めるべく温室効果ガス排出の削減、ひいては脱炭素、サステナブル社会への変革が急がれている。その動きを推進するキーテクノロジーの1つとして期待されているのがリチウムイオン電池(Lithium Ion Battery:LIB、以下「LIB」)だ。2019年には、発明者のひとりである吉野 彰 氏(旭化成株式会社 名誉フェロー)がノーベル化学賞を受賞し、一躍注目を集めた。
LIBはどのようなポテンシャルをもち、サステナブル社会の実現にどのように貢献していくのか。吉野氏のオープニング基調講演をレポートする。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...