[クローズアップ]

IEAの『世界のエネルギー展望2020』に見る脱炭素社会への展望

― 「2050年実質ゼロ」には発電約75%をCO2排出少ない電源に、50%以上の自動車を電動化へ ―
2021/01/10
(日)
新井 宏征 株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役社長

IEA(International Energy Agency、国際エネルギー機関)は、2020年10月13日に『世界のエネルギー展望2020』(World Energy Outlook 2020)(注1)を公開した。
新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の拡大は、私たちのエネルギーの使い方に影響を与え、ひいてはエネルギー業界全体に大きな影響を及ぼしている。そのような中で公開された同レポートでは、COVID-19によって現在起きている影響を分析したうえで、それらも考慮した新たな分析を踏まえて、エネルギーの未来についての可能性を示している。
ここでは、日本における2050年カーボンニュートラルの検討状況に触れたあと、『世界のエネルギー展望2020』をもとに、今後のエネルギー需要変化の想定を確認し、脱炭素化に向けた取り組みについて紹介する。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...