[特別レポート]

次世代へ進む太陽光発電と蓄電システム

― 脱炭素に向けて加速する家庭用蓄電池市場 ―
2021/06/04
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

政府が宣言した「2050年カーボンニュートラル(CN、排出実質ゼロ)に伴うグリーン成長戦略」が動き出した。
グリーン成長戦略では、社会の基本単位である住宅(家庭)への太陽光発電(PV)と蓄電池システムの導入も、重点14産業(注1)の重要な柱の1つとしても位置づけられ、次世代システムへ大きく進化しようとしている。
日本では、2030年までに新築住宅でZEH(ゼッチ。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を普及させる動きなどが活発化しており、家庭用蓄電池システムの導入コストの低減施策も検討されている。
ここでは、2022年度から施行される新しい特定計量制度などを見ながら、住宅(家庭)用の「太陽光発電システム/定置用蓄電システム」の市場動向を紹介する。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...