[米国バイデン大統領主催の「気候サミット」をひも解く]

【後編】 気候サミット後も積極的に取り組む欧州と英国の気候変動対策

2021/07/01
(木)
新井 宏征 株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役社長

2021年4月22〜23日に開催された気候サミット(Leaders Summit on Climate)は、米国主催でバイデン大統領が主導する役割を果たしていたが、6月11〜13日に開催されたG7サミット(G7:Group of Seven、先進7カ国首脳会議)では、今年開催されるCOP26の議長国でもある英国が主導的な役割を担った。
『米国バイデン大統領主催の「気候サミット」をひも解く』後編では、6月11〜13日に行われたG7で、気候サミット時よりも各国の気候変動対策の最新情報や、COP26に向けての議長国としての英国による声明が発表されたので、そちらを中心に解説する。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...