[米国バイデン大統領主催の「気候サミット」をひも解く]

【中編】 米国の気候変動対策に関する2つの大統領令と中国の取り組み

2021/06/04
(金)
新井 宏征 株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役社長

気候サミット(Leaders Summit on Climate)が閉幕となって程ない2021年4月28日、米国のジョー・バイデン大統領(President Joe Biden)は、上下両院合同会議において、就任後初となる議会演説を行った。そこでは、気候サミットも含めた、大統領就任後100日間の成果を強調した。気候サミット後もバイデン政権は、気候変動対策の施策を次々と打ち出している。
「中編」では、気候サミット中および気候サミット後に、バイデン政権が打ち出した気候変動対策への具体的な施策を整理するとともに、米国が常に意識し続ける中国の気候変動対策に関する状況を整理する。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...