[標準化動向]

802.1/802.3の標準化動向(6):広域イーサネット向け802.1ah PBB標準とPBB-TEの動向

2007/02/07
(水)
SmartGridニューズレター編集部

IEEE 802.1ah方式の概要

802.1ah(拡張サービス・タグ付きフレーム方式)は、いわゆるMAC-in-MACと呼ばれるカプセル化方式(MACフレームの中にMACフレームを挿入する方式)を用いて、高い信頼性をもち、かつ大規模なレイヤ2接続サービス(広域イーサネット・サービス)を提供するための方式を規定する規格で、「ダブル・タグ方式」(短い固定長のタグを2個使用する)と呼ばれる802.1ad(※1)と同様に、イーサネットを用いてポイント・ツー・マルチポイントの接続サービスを実現する。

802.1adとの違いは、MAC-in-MACの技術を活用して、より高信頼かつ大規模な網を実現することが可能な点であり、次世代広域イーサネットのコア技術として注目されている。また、802.1ahをベース技術として用いて、MPLS(※2)並みのトラフィック・エンジニアリング機能(※3)を実現するPBB-TEの標準化についても紹介する。

用語解説

※1 802.1ad:IEEE802において規定されるプロバイダ(通信事業者)向けのL2中継方式。4バイトの追加タグ(サービス・タグ)をユーザ識別のため使用することを特徴とする。
※2 MPLS:Multi-Protocol Label Switching、固定長のラベル情報を使用してデータを転送する方式
※3 トラフィック・エンジニアリング:Traffic Engineering、TE、経路制御技術。トラフィックの通過経路を特定したり、高速に経路切り替えを行うためのトラヒック制御技術

IEEE 802.1ah規格の目的

IEEE 802.1ah PBB規格の正式名称は「プロバイダ・バックボーン・ブリッジング(Provider Backbone Bridging、通信事業者幹線網向けブリッジング)」である。この名称は、先に標準化の完了したIEEE 802.1ad プロバイダ・ブリッジング(Provider Bridging、通信事業者向けブリッジング)に対比させるための名称であり、802.1ahが、802.1ad網を束ねるためのバックボーン網向け技術として標準化されていることを意味している。図1に802.1ah網と802.1ad網の関係を示す。

図1 802.1ad網と802.1ah網の位置付け
図1 802.1ad網と802.1ah網の位置付け(クリックで拡大)

図1にあるように、主に企業などのユーザーは、いったん802.1ad網に収容される。これら複数の「802.1ad収容網」を束ねる目的で、上位の幹線網として802.1ahが使用される。802.1adは、ユーザーの識別に12ビット(212=4096)のVLAN ID(仮想LAN識別子)を使用する。最大4,000ユーザーを収容する802.1ad網を束ねる上位網として802.1ahには高い拡張性が求められる。

ページ

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...