[ニュース]

デンマークØrsted、アイリッシュ海で659MWの洋上風力発電所を運転開始―出力は世界最大

2018/09/11
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

デンマークØrsted(エルステッド)は、イギリスのアイリッシュ海で洋上風力発電所「Walney Extension Offshore Wind Farm」の運転を開始したと発表した。

デンマークØrsted(エルステッド)は2018年9月6日(グリニッジ標準時)、イギリスのアイリッシュ海で洋上風力発電所「Walney Extension Offshore Wind Farm」の運転を開始したと発表した。この発電所の合計発電出力は659MW(65万9000kW)。2018年9月時点で運転している洋上風力発電所の中でも、世界最大のものになるという。

図 運転を開始した「Walney Extension Offshore Wind Farm」

図 運転を開始した「Walney Extension Offshore Wind Farm」

出所 Ørsted

Walney Extension Offshore Wind Farmはイギリス・カンブリア州のバロー=イン=ファーネス(Barrow-in-Furness)から西に19kmの海域に位置する風力発電所。Ørstedが50%出資しているほか、デンマークの年金基金であるPKAと、デンマークの保険会社PFAが25%ずつ出資している。

図 「Walney Extension Offshore Wind Farm」の位置

図 「Walney Extension Offshore Wind Farm」の位置

出所 Ørsted

風力発電設備は2種類使用している。デンマークMHI Vestas Offshore Wind「V164-8.0MW」(出力は8.25MW)を40基と、スペインSiemens Gamesaの「SWT-7.0-154」(出力は7MW)を47基設置した。合計発電出力は659MW(65万9000kW)となり、年間にイギリスの一般世帯の年間電力消費量にして59万世帯分の電力を発電する。Ørstedはこの数字を1世帯の年間消費電力を4100kWhとして計算したとしており、この数字から計算するとWalney Extension Offshore Wind Farmの年間発電量は2.419TWh(24億1900万kWh)となる。設備利用率はおよそ41.9%に達する。

Ørstedは2018年1月に、イングランドの北海沖で合計発電出力が1.2GW(120万kW)となる洋上風力発電所「Hornsea Project One」の建設を開始している(参考記事)。2020年にこの発電所が運転を開始すれば、世界最大の洋上風力発電所となる。


■リンク
Ørsted
PKA
PFA

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...