[ニュース]

Waymo、自動運転車を利用した商用タクシーサービスを開始

2018/12/07
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Waymoは、自動運転車を利用したタクシーサービス「Waymo One」を始めたと発表した。

Waymoは2018年12月5日(アメリカ太平洋標準時間)、自動運転車を利用したタクシーサービス「Waymo One」を始めたと発表した。当面はアリゾナ州フェニックス都市圏の住民に自動運転車を無料で貸し出す「Early Rider Program」の参加者を対象にサービスを提供する。Waymoに自動運転車を提供しているイギリスFiat Chrysler Automobilesは2018年1月、自動運転車によるタクシーサービスに向けてWaymoに自動運転車を数千台納車することを発表していた(参考記事)。

図 Waymoの自動運転車。Fiat Chrysler Automobilesの「Chrysler Pacifica Hybrid」を基にしている

図 Waymoの自動運転車。Fiat Chrysler Automobilesの「Chrysler Pacifica Hybrid」を基にしている

出所 Waymo

Waymoは今回開始したWaymo Oneを、フェニックスに限らずほかの都市でも提供したい意向を示している。そのために自動運転車をさらに追加配備する方針も示している。ただし、自動運転車はほとんどの人にとって未体験の新しいものであることから、利用者に不安を抱かせることなく、快適かつ便利に利用してもらえるように、拡張計画は注意深く進めるとしている。フェニックスで開始するWaymo Oneサービスも、当初はWaymoの運転手が同乗するとしている。

ただしWaymoは、フェニックス都市圏でのEarly Rider Programで、一部の利用者に運転手が同乗しない完全自動運転の車両を提供している(参考記事)。Waymoは将来、Waymo Oneにも運転手が同乗しない完全自動運転車を投入していきたいとしている。


■リンク
Waymo

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...