[特別レポート]

次世代社会を創るIoT・ロボット・AIが総結集した「CEATEC JAPAN 2017」

― 第4次産業革命、AIアシスタント、ブロックチェーンなどが共演 ―
2017/11/09
(木)
三橋 昭和 インプレスSmartGridニューズレター編集部

NEC:AIスピーカーの実現技術「音声アシスタント」

 スマートフォンに次ぐ新しい市場として、米国で急速に普及しているAIスピーカー(あるいはAIスマートスピーカー)が、2017年に入り、日本でも注目を集めている。

 AIスピーカーは、多くのベンダ(表2)から発表されているが、人間がAIスピーカーに話しかけるだけ(キーボードなし)で、家庭におけるエアコンや照明の操作したり、聞きたい音楽の選曲をしたり、知りたい天気予報やスケジュールなどを聞いたりすることができる。AIスピーカーの心臓部には、クラウド上にあるAIアシスタントという、音声認識技術(音声情報を文字化する技術)や言語処理技術が使用される。

表2 最新のAIスピーカーの例

表2 最新のAIスピーカーの例

※マイクロソフトのAIアシスタント「Cortana」(コルタナ)搭載のAIスピーカーの発売も間近い
出所 各種資料をもとに編集部作成

 NECブースでは、株式会社MJI(本社:東京都港区)が開発した、たまご型のコミュニケーションロボット「Tapia」(タピア)2台(写真7)を用いて、声で個人を特定するなどの音声認証技術の展示デモが行われた。

写真7 NECブースにおけるたまご型ロボット「Tapia」による声認証技術のデモ

写真7 NECブースにおけるたまご型ロボット「Tapia」による声認証技術のデモ

出所 編集部撮影

 例えば、来場者が左のTapiaに向かって、自分の好きな単語を話して声を登録(音声パスワードの登録)すると、その登録内容は通信を通じてコンピュータに記録される。その後、別の場所にある右のTapiaに対して、登録した同じ音声パスワードで話かけると、登録されている音声と照合され、本人かどうかを認証してくれる、などのデモが行われた。

 音声アシスタントは、音声によって個人を特定できるため、AIスピーカーやロボットだけでなく、企業における入退室管理、テレショッピングやコールセンターにおける本人確認など、幅広い用途が期待されている。

 また会場では、「スマートスピーカー・プラットフォーム」や「対話型知識検索・自然言語SQL」などを開発している、Jetrun(ジェットラン)テクノロジ(東京都港区)のブースでも、自然対話AIプラットフォームの展示が行われていた。

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...