[特集]

VPP実証事業2019年度の成果と2020年度の展望

― EV/蓄電池が注目されV2G実証事業が急展開 ―
2020/05/09
(土)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

日本の電力市場は、再生可能エネルギー(以下、再エネ)の主力電源化を目指して、新しい動きが活発化している。
2019年11月に太陽光発電による「卒FIT」市場が登場し、これと連動して家庭用蓄電池の低価格化も進展している。さらに「発送電の法的分離」によって一般送配電事業者が誕生し、再エネで発電された電力の公平な送電を目指す、次世代送電網への期待も高まっている(本誌2020年4月号参照)。一方、クルマはモーター駆動となって電動化され、V2G(EV 注1 の車載蓄電池を系統接続し活用する技術)の実用化の動きも活発化している。
このような環境のもと、5年にわたって実施されてきたVPP構築実証事業は2020年度が最終年度となる。
ここでは、2020年度に展開されるVPP構築実証事業の全体像と、2019年度実証事業の成果の一部を見ていく。記事中の用語解説は、記事の最後に掲載したので参考にしていただきたい。

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...