[特集:特別対談]

加速する洋上風力発電の導入と次世代送配電ネットワーク≪前編≫

― 2050年カーボンニュートラルと再エネ主力電源化時代へのロードマップ ―
2021/12/05
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

日本政府が2050年カーボンニュートラルを宣言し、「2030年、国内の温室効果ガス排出量46%削減」という明確な目標が出され、各界では目標達成に向けての対応が急務となっている。そのため、特に発電分野では、太陽光や風力、水力、バイオマス、地熱発電などの再生可能エネルギー(以下、再エネ)ヘの転換が急がれる今、今後大きな可能性をもつ「洋上風力発電」に注目と期待が集まっている。
ここでは、日本風力発電協会(JWPA)(注1)代表理事 加藤 仁(かとう じん) 氏と、横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門 准教授 辻 隆男(つじ たかお)氏のお二人に、日本における洋上風力発電について、その可能性を大いに語っていただいた(全2回)。前編の今回ではまず、その現状と普及に向けた環境整備を中心に語っていただいた(文中、敬称略)。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...