[特集:特別対談]

加速する洋上風力発電の導入と次世代送配電ネットワーク≪後編≫

― 2050年カーボンニュートラルと再エネ主力電源化時代へのロードマップ ―
2022/01/09
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

2050年カーボンニュートラルに向けて、再生可能エネルギー(以下、再エネ)の導入が急ピッチで進められているが、中でも次世代の主力電源となる洋上風力発電には、大きな期待がかかっている。洋上であれば安定した風力が見込め、海に囲まれた日本は各地に発電施設が建設でき、かつ大容量発電が可能となる。実際、欧州では次々と建設が進められている。
特別対談の≪前編≫では、洋上風力発電の特性や、国主導で進む導入のため各種体制を確認した。今回は≪後編≫として、日本で実現のために克服すべき課題や、系統に関する課題などについて専門家のお二人に語っていただいた。洋上風力発電は、カーボンニュートラルを契機とした「新産業の勃興」であり、日本における「モノづくりの復活」であるとの視点は印象的であった。(本文中、敬称略)。

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...