[クローズアップ]

WBCSDが改訂版『Vision 2050』(大改革の時)を発表

― 企業が取り組むべき「変革の道筋」9分野を特定 ―
2022/02/05
(土)
新井 宏征 株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役社長

世界200社のCEOの連合体である「WBCSD」(持続可能な開発のための世界経済人会議)は、2021年3月に、最初の『Vision 2050』を改訂した『Vision 2050: Time to Transform』という報告書(図1)を発表した。同年10月には日本語版である『ビジョン2050:大変革の時』も発表した。
この報告書では、「2050年までに90億人以上がプラネタリー・バウンダリー(地球の限界)の範囲内で真に豊かに生きられる」世界の実現に向けて、企業がどのように対応すればよいのかが詳細に示されている。
本稿では、『Vision 2050』を発表したWBCSDについて紹介したうえで、報告書のもっとも重要な「Part2 変革の道筋」を中心に紹介する。

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...