[次世代の再エネ調達「24/7カーボンフリー電気」]

次世代の再エネ調達「24/7カーボンフリー電気」≪前編≫

― 「RE100」の次世代の再エネ調達方法が始動している ―
2022/06/12
(日)
大串 康彦 米国LO3 Energy Inc. 事業開発ディレクター(日本担当)

企業活動のための電力を100%再生可能エネルギー(以下、再エネ)に近づけるという、国際的なイニシアティブ「RE100」(注1)が開始されてから8年ほど経つが、次世代の再エネ調達が始動している。これは『24/7(注2)カーボンフリー電気(「トゥエンティーフォーセブン」と呼ぶ、以下「24/7」)』であり、実時間(リアルタイム)の概念が希薄な従来の再エネ属性証書(注3)やカーボンクレジット(注4)と違い、実時間での調達が要求される。
24/7は、2020年にGoogleが自社の再エネ調達の方法として発表され、その後、国連のイニシアティブとして推進されている。さらに、2022年になって標準化組織による標準書が発表されるなど動きが活発化している。本記事では、2022年5月現在の、世界における24/7に関する取り組みを前後編にわたって解説する。

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...