「アップル製品を作るラインだけはRE100(再エネ100%)にしてください」
米国アップルは、日本のスマートフォン向けプリント配線基盤事業で世界のトップレベルの開発企業であるイビデン(本社:岐阜県大垣市)に対して、このような呼びかけをし、業界から注目を集めている。これは、まさに地球温暖化防止に向けたパリ協定(COP21)に賛同する先進企業の、「環境とビジネス」を一体のものとして取り組む、新しいパラダイムだからである。
ここでは、地球温暖化対策へ国際的な視点から多方面で活動されている、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)アジア太平洋地域 特別顧問の末吉 竹二郎氏、および、いち早く脱炭素宣言(2050年ビジョン)を行い、パリ協定(COP21)遵守宣言を発表(注1)し、住宅分野で初めて国際イニシアティブ「RE100」(Renewable Energy 100)に加盟した積水ハウス株式会社 常務執行役員 環境推進部長兼温暖化防止研究所長の石田 建一氏に、国際的な地球温暖化対策の実情と企業としての取り組み、今後果たすべき役割などについて語っていただいた。

再生可能エネルギー M (2018/04/01)

世界最大の物流企業のドイツポストDHLグループ(ブランド名:DHL)は、2050年までに二酸化... >>続きを読む

再生可能エネルギー M (2018/03/19)

「アップル製品を作るラインだけはRE100(再エネ100%)にしてください」
米国... >>続きを読む

サイバーセキュリティ F (2017/03/06)

去る2017年2月8日、東京・品川において開催された「重要インフラサイバーセキュリティコンファ... >>続きを読む

再生可能エネルギー F (2016/08/03)

2016年5月25日に可決・成立した、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特... >>続きを読む

政策 F (2016/07/01)

2016年5月25日、第190回通常国会において「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達... >>続きを読む

再生可能エネルギー F (2015/02/28)

日本の再生可能エネルギー(以下、再エネ)は、なぜ欧米に後れをとっているのか。日本での電力自由化... >>続きを読む

再生可能エネルギー F (2015/01/29)

本誌2014年11月号から「欧州の風力発電最前線」というテーマで連載を開始したところ、大変な好... >>続きを読む