[特別レポート]

再エネ時代に交流(AC)の必然性はなくなったか?

― 直流380V給配電システムと国際標準化の最新動向 ―
2018/07/01
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スマートホーム、スマートビルをはじめ太陽光パネル(PV)、電気自動車(EV)などが主役となるスマートグリッド/マイクログリッド、再生可能エネルギー(以下、再エネ)時代を迎えて、かつて限定的に使用されていた電気通信用電源方式である直流48V給電システムは、データセンター用の直流380V時代へ進展し、最近では、直流48V、直流12Vなどを駆使する直流給電システムが家庭にまで普及しようとしている。その流れは大きな国際市場を形成し、国際標準の策定も活発化し、今まさに直流時代を迎えようとしている。
このような流れをとらえて、本記事は、株式会社NTTファシリティーズ データセンタービジネス本部担当部長(IEC SC22,SyCLVDC国内委員会委員長)である、廣瀬 圭一(ひろせ けいいち)氏の講演(注1)をもとにまとめたものである。

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...