[特別レポート]

シーメンスのイノベーション戦略

― ガス&パワーの新会社設立とゲームチェンジ施策 ―
2019/10/08
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

 シーメンスがグローバルな事業戦略として2014年5月に発表した、「Vision2020戦略」(注1)は、当初の予定より早く目標を達成し、2018年8月に次の10年に向けて「Vision2020+」を発表し、推進している。
 同コンセプトをさらに展開し、成長を遂げるため、2019年4月からの現体制を2020年4月までに再構築し、ガス&パワー事業を分社化する(ドイツ・ミュンヘン、2019年5月7日)。
 ここでは、シーメンス(Siemens)株式会社 代表取締役社長兼CEOの藤田 研一氏が、2019年6月21日と9月24日の記者会見で発表した、同社の事業戦略をレポートする。

ガス&パワー事業を分社して更なる業績向上を図る

 図1に示した2019年4月からスタートした新組織は、「スマートインフラストラクチャー」「デジタルインダストリーズ」「ガス&パワー」の3つの事業会社と、風力発電システムの「シーメンス・ガメサ・リニューアブル・エナジー」(SGRE)、鉄道システムの「シーメンス・モビリティ」、医療システムの「シーメンス・ヘルスケア」の3つの戦略会社となっている。

図1 シーメンスの2019年4月からの新体制

図1 シーメンスの2019年4月からの新体制

出所 シーメンス株式会社、2019年6月21日記者会見資料より

 これらの総売上高は約830億ユーロ(約10兆1,260億円注2)で、日本法人でも同年4月1日付けで、同様な組織に変更している。

2020年4月からの新体制

 シーメンスでは、現体制のオイル&ガス、伝統的な発電/送電とそれらに関連する事業会社の「シーメンス ガス&パワー」(GP)を分離し、再生可能エネルギー(以下、再エネ)企業である「シーメンス・ガメサ・リニューアブル・エナジー」(SGRE)と統合し、エネルギー事業の別会社化する予定となっている〔図2、SGREの過半数(現在59%)の株式をGPに譲渡〕注3

図2 ガス&パワー事業を分社化

図2 ガス&パワー事業を分社化

出所 シーメンス株式会社、2019年6月21日記者会見資料より

 新しい戦略会社は、2020年10月までにドイツの株式市場に上場する予定である。

 これによりガス&パワーの新戦略会社は、売上高270億ユーロ(約3兆2,940円)、従業員数は8万8,000人となり、在来発電、オイル&ガス、送電、再エネの各分野で世界シェア2位となり(図3)、事業カバー範囲は図4のように、左側の緑と青色の部分を中心とした展開となる。

図3 ガス&パワー事業分社後の売り上げ構成

図3 ガス&パワー事業分社後の売り上げ構成

出所 シーメンス株式会社、2019年6月21日記者会見資料より

図4 ガス&パワー新戦略会社の事業カバー範囲

図4 ガス&パワー新戦略会社の事業カバー範囲

出所 シーメンス株式会社、2019年6月21日記者会見資料より


▼ 注1
シーメンスグループが推進するデジタル化(Digitalization)、オートメーション(Automation)、電化(Electrification)の3つ柱を成長分野として位置づけた5カ年計画。

▼ 注2
1ユーロ122円で換算。

▼ 注3
https://new.siemens.com/jp/ja/kigyou-jouhou/press/pr-skk-20190507.html?fbclid=IwAR30K0xJvDaaKk1ebOyQ9Uig-lwK0Ax8Ds5bN9AfoqT9UDBRU4W5PUw469A

ページ

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...