[特集]

V2Gを実証した2018年度のVPP構築実証事業の成果

― 緊密化する卒FIT・EV/PHEV・蓄電池・ブロックチェーンの関係 ―
2019/05/01
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

100年に1度ともいわれる自動車革命が進行し、いわゆるCASE〔ツナガル・自動運転・シェアリング・電動化(EV/PHEV)〕時代が到来している。特に脱炭素化や分散エネルギーの面から、クルマの電動化は、2030〜2050年に向けた新たな「エネルギーの社会インフラ」としても注目されている。
一方、地球温暖化対策として、各国で急速に普及し始めている太陽光や風力による再生可能エネルギー(再エネ)は、2050年には石油・石炭など化石燃料をシェアで逆転する勢いである(注1)。日本政府は、2018年7月、「第5次エネルギー基本計画」を発表し、再エネを主力電源化することを明確にした。
このような動きを背景に、日本の次世代の電力システムとして取り組まれている2018年度のVPP構築実証事業の成果が、2019年3月29日に公表された。
ここでは、日本および世界におけるクルマの電動化の状況やその推移を見ていくとともに、VPP構築実証事業の成果を紹介し、2018年度から新たに追加されたV2G実証事業(V2Gアグリゲーター事業)に焦点を当ててレポートする。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...