[スペシャルインタビュー]

NTTアノードエナジー 取締役 谷口 裕昭 氏に聞く!電力サービスへ本格参入するNTTアノードエナジーの事業戦略

― 再エネを加速させ、エネルギー価値を高める新事業への取り組み ―
2020/01/06
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

NTTグループのスマートエネルギーを推進する統括会社として、2019年6月3日、NTTアノードエナジー株式会社(以下、NTTアノードエナジー)が設立された。同社は同年9月10日に事業を開始し、11月12日に2025年までの中期ビジョンを公表した。
2025年までに売上規模を5事業で6,000億円、分散エネルギー基盤への投資額を6,000億円としている。再エネ電源を促進しつつ、特に蓄電池をベースにした「バックアップ電源事業」「VPP(仮想発電所)事業」は、同社のビジネスの中心的な役割を果たすものとして、レジリエンス(対災害)性の高いサービスの構想を打ち出している。
日本の電力市場は今、脱炭素化への転換、電力は集中型から分散型へ、レジリエンス性への対応が求められるなど、大きな変革期を迎えている。ここでは、NTTアノードエナジー 取締役 経営企画部長 兼 スマートエネルギー事業部 パートナー開発部門長の谷口 裕昭(たにぐち ひろあき)氏に、同社の2025年に向けた事業戦略をお聞きした。

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...