[キーワード]

再エネ主力電源化時代! 知っておくべき基礎用語(1)VPP、マイクログリッドとDER

— 分散型電力システムの時代へ —
2020/02/06
(木)
新谷 隆之 インターテックリサーチ株式会社 代表取締役

VPP(Virtual Power Plant、仮想発電所)やマイクログリッド(Microgrid)は、従来の大型火力発電のような大規模集中型発電所と送配電網を利用した電力システムではなく、太陽光発電や風力発電などのDER(Distributed Energy Resources、分散型エネルギー資源)を有効に利用するスマートグリッド(SmartGrid、次世代電力網)の仕組みと考えられているが、どこが違うのか?
ここでは、デマンドレスポンス(DR)、アグリゲーターといった、他のスマートグリッド関連用語とともに、VPP、マイクログリッドとDERの関係性を整理する。

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...