[特集]

【気候変動アクション日本サミット2020レポート】脱炭素化への日本の課題

― 「ゼロエミッション」は国家戦略、事業転換しビジネスが変わる ―
2020/11/07
(土)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

世界各地で異常な熱波による森林火災、集中豪雨や洪水などが多発し、気候危機が深化している中、「気候変動アクション日本サミット2020(JCAS2020)」(注1)が2020年10月13日に開催された(主催:気候変動イニシアティブ、表1)。同サミットには、世界各国の企業や自治体のほか、大学、宗教団体など約1,500人が参加した。
現在、各国では、コロナ危機からの回復と脱炭素化を両立させるグリーンリカバリーが進められている。今回のサミットは、コロナ危機と気候危機の克服に向けた世界の動きや、日本の企業・自治体の先駆的な経験を共有し、2021年11月に英国グラスゴーで開催されるCOP26に向けて、非政府アクター(注 16参照)の取り組みを高める場として設けられた。
ここでは、気候変動イニシアティブ(JCI)の代表であり、国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問でもある、末吉 竹二郎(すえよし たけじろう)氏(写真1)の講演「脱炭素化への日本の課題」を中心にレポートする。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...