[クローズアップ]

温暖化に“Code Red”(厳戒警報)!IPCCが『第6次評価報告書』を発行

― 66カ国/234人の専門家が4,000ページで科学的に分析 ―
2021/09/06
(月)
新井 宏征 株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役社長

急速に進む気候危機を背景に、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)は、2021年8月9日、気候温暖化をリアルに分析した『IPCC第6次評価報告書 第 Ⅰ 作業部会報告書』を発表し、世界が大きく注目した。
各国政府に気候温暖化政策の策定に関する科学的情報を提供するIPCCは、1990年に気候変動に関する第1次評価報告書を公表して以来、これまでに第5次までの報告書を公表してきた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、最新の第6次報告書の作成にも影響を与えてきたが、このほど、そのIPCCの第 Ⅰ 作業部会(WG1)の報告書が公表されたのである。
本稿では、IPCCの位置づけにも立ち戻りながら、最新の報告書の特徴を取り上げ、その内容を解説する。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...