[特別レポート]

効率的な再エネ発電をどう実現するか!

― 気象協会が気象予測データを提供しインバランス料金も削減 ―
2021/10/04
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

脱炭素社会を目指す再生可能エネルギー(以下、再エネ)の主力電源化に向けて、「気象予測」への関心が高まっている。
太陽光や風力などの再エネは、晴れや曇り、風況など天候に左右される変動電源であるところから、効率的な再エネ発電を実現するには、「再エネ発電出力予測(太陽光や風力)」「電力需要予測」「電力取引価格予測」が求められる。
ここでは、2021年9月2日に開催された‘INTEL ENERGY FORUM 2021’の第1回 追加セッションにおける日本気象協会(表1。以下、気象協会)による対談(注1)の中で、同協会が提供している、AIなどを活用した最新の電力需要予測サービスやその取り組みを中心にレポートする。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...