[特集]

エネルギーIoTで変革をめざすNTTスマイルエナジーの再エネアグリゲータとしての挑戦

― ポストFIT時代の再エネビジネスのゆくえ ―
2018/01/01
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

FIT(固定価格買取制度)(注1)の導入によって、国内の太陽光発電ビジネスは急速に拡大し普及してきたが、住宅向けの余剰買取制度は2019年から順次買取期間の終了を迎え、ポストFIT時代に対応できる新たなビジネスの創出が求められている。エネルギー分野においては、分散化、脱炭素化(CO2排出削減)、デジタル/IoT化の波がさらに加速していくなか、太陽光発電は「自家で発電して売る」時代から、「自家で発電して自家で消費する」時代に移行している。
このようななか、NTTスマイルエナジーはエネルギーIoTを活用した事業を2011年から展開してきている。ここでは、2017年11月14日に行われた事業戦略発表会と同社 代表取締役社長 小鶴 慎吾(こづる しんご)氏へのインタビューをもとに、NTTスマイルエナジーのポストFIT時代に向けた取り組みを見ていく。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...